友人から口をそろえて、帰国したら日本の病院で診てもらったほうがいいよ。
と言われていた息子は、昨日地元の豊橋市民病院の脳外科にかかってきました。

ほんとうは名古屋大学病院で診てもらう予定だったのですが、
遠くて紹介状がないため時間もかかりそうなので、
自宅から歩いて行ける距離の市民病院に行ってきました。

そこで、
「ラッキーだったね。
死んでいても、高度障害が残っていても不思議はなかった。」
と、言われたそうです。

かなりの出血量だったようです。

手術はきれいにしてあって、傷もきれいに縫ってあると言われたそうで、
一安心でした。

中国の病院はしっかりしたランク付けがされていて、
息子が行ったのは、最高ランクの 3級甲 という病院でした。

日本の病院と比較すると、きれいさ快適さなどでは大きく劣っていましたが、
技術的にはしっかりしていたようで安堵しました。


それにしても・・・。
生きていてくれてほんとうに良かったです。