息子の同級生が亡くなりました。

今日、お通夜に出かけてまいりました。



20歳の若さで、

先日、成人式で元気な姿を見たばかり・・・。



本当に、悲しいできごとです。



喪主のお父様が、

6年前に事故にあって、頭を打ち、

これまで何度も生死の境をさまようことがあったと挨拶されました。



そして、集ってくれた大勢の子供たちに、

親は、どんなにか子供を愛しているか十分わかってほしいと語られました。

事故にあって、後遺症が残った我が子に、

厳しく勉強を教えていた以前とは変わって、

今が大切と思うようになり、

昏睡して返事も聞けない我が子に、

自分がどんなに愛しているか語りかけていたそうです。



そんなことを繰り返し、

ついに この時が来てしまった。

今も信じられない、と言われました。



私は、戻ってこない人のことを考えると、

つらくてたまりません。

本当に、今でも信じられません。



ふっと、以前のように現れてくれるのではないかと、

今も思ってしまいます。



このことは、現実なのかと信じきれない思いです。



父親を失った子供たちが不憫でなりません。